アトピー性皮膚炎の人は医療脱毛が一番良い?安全なクリニック選び

ニードル脱毛の怖さを知ってからは自分でむだ毛処理することにこだわってます。自分でむだ毛処理するのは気がラクですから。何でもそうですが体力的にラクすることばかり考えない方がいいです。自分の体毛くらい自分で処理すればいいんだと過去の経験から分かりました。

ニードル脱毛の怖さを知ってから早30年・・・。最近は体毛が薄くなったのでむだ毛処理にかける時間がグンと減りましたよ。女性のカラダって女性ホルモンの変化と共に変わってきます。女性ホルモンの分泌量が少なくなると体毛が薄くなるんですよね。私の場合は更年期に入ってからアンダーヘアと脇毛が目立って薄くなりました。

調べてみると、私のようなアトピー性皮膚炎の人は医療脱毛が一番良いんですってね。【医療脱毛アトピー

若い頃は毛が硬くて太くてコンプレックスだらけだったけど、この頃は何もしなくてもいいのでとても気がラク。アンダーヘアはまったく手入れしなくてもいい状態になりましたし、脇毛は1週間に1度かるく剃るだけで良くなりました。こんな風に体毛って変化していくんです。

若い頃の毛量は何だったの?と今と比べて不思議に思います。アンダーヘアは毛が濃くて毛量が多かったから毛抜きで脱毛してました。抜いても抜いてもあっという間にぼさぼさになってしまうので脱毛だけじゃ手に負えずはさみで長い毛を切っていたことも。

下着からはみ出るアンダーヘアが恥ずかしくて入浴のついでに手入れしていました。ただ、アンダーヘアをカットすると毛先が下着を突き抜けてしまうのがイヤでした。毛が強いからよほど目が詰まった下着じゃないと毛先が出てきちゃうのです。

そのようなな手入れも40代になってから徐々に減っていきましたよ。まだまだ若い!と思っていてもカラダは正直に年齢を表します。肌のハリがなくなってくるとかシミが出るとかの変化より、私の場合体毛の変化で年を感じていました。今のアンダーヘアはすけすけで恥ずかしいので毛が欲しいくらい。あの頃の元気がいい毛が懐かしいです。